Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/106-9eaa0a69

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

複数の手帳を使い分ける

最近、「手帳は複数持っていてもいいかなぁ」と思ったりします。

何度も書きましたが、私は「夢手帳」を目指していますので、一つのシステム手帳にすべての情報を集約することにこだわり、分厚いバイブルサイズの手帳を愛用しています。スケジュール管理もメモも、情報も、すべてこの手帳に綴じています。でも、スケジュール管理や日々のメモ、会議の記録などは他のサイズの手帳の方が使いやすいのではないかと最近思うのです。
他のサイズの手帳というのはやっぱりA5サイズの綴じ手帳。

ここでも何度か書いたと思いますが、私が今まで使った手帳の中で、最も使い勝手がよかった手帳がA5サイズの能率手帳です。今だにここから離れる事が出来ないようです。それなら素直にA5サイズの能率手帳を使えばいいということになるのですが、システム手帳にこだわる理由がここにあるわけで。今の私にとって、綴じ手帳のデメリットがどうしても譲れないのです。

それはやっぱり、ページ(リフィル)の追加、再構成が出来ないという点です。

私が目指すのは夢手帳。長年にわたって書いた内容を綴じておきたいのです。綴じ手帳は基本的に一年単位。一年経てば新しい手帳にその役割をバトンタッチします。当たり前のことですが、私の理想の手帳を構築するのにどうしても引っかかってしまうんですよね。

ところが最近、このこだわりを捨てたほうがいいのではないかと思い始めました。と言っても綴じ手帳に乗り換えるのではなく、綴じ手帳とシステム手帳をケースバイケースで使い分けた方がいいのではないかと考えています。具体的には、日頃のスケジュール管理やタスクメモ、日々のちょっとしたメモなどは綴じ手帳に、継続的に保存してきたい情報関連はシステム手帳にというように使い分けようかと思っています。

現在システム手帳に綴じているウィークリーリフィルや会議メモは3か月ほど綴じていますが、それを過ぎると保存用バインダーに移し替えています。移し替えたリフィルはほぼ確実に、二度と閲覧することはありません。ここ2年ほどシステム手帳を使ってみてそうでした。それならば、スケジュール管理や会議メモは綴じ手帳に書いていても問題はないということです。

さて、二つの手帳を使い分けたとして、今度はどうしたメリットが生まれるのか。

まずは、やっぱりA5サイズの能率手帳が使いやすいと思うので、メモスペースがたっぷりある使い慣れた手帳を利用することができます。システム手帳の方は約3か月分のスケジュール関連のリフィルと会議メモがなくなるので、薄くすることができます。現在のシステム手帳は分厚すぎてかさばるというのが私の一つの悩みですからね。とはいっても、薄くなった分綴じ手帳が増えるので、そこは一緒かもしれませんが・・・

さて今度はデメリット。今のファイロファックスでもいいですが、もう少し薄手のシステム手帳にしなければ手帳が二冊に増えた分さらにカバンが分厚くなることに。買い替えるにはそれなりの出費も覚悟しなければならないわけで。もう少し考えてみることにします。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/106-9eaa0a69

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

  • hammer
  • 夢手帳に憧れてシステム手帳にこだわってきましたが、最近はすっかりスマートフォンに取って代わってしまいました。もう分厚いシステム手帳はあまり使いません。スマホとモレスキンでスケジュール管理から情報管理まで、全てをこなします。


    今使っているファイロファックス。だいぶ馴染んできました。

関連書籍紹介

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
4761261439
私が手帳に興味を持つきっかけとなった本。この本の著者である熊谷氏は有名なGMOインターネットの社長で、手帳マニアとして有名です。この本を読むまでは手帳を単なるスケジュール帖としてしか使っていませんでしたが、手帳にはそれ以上の用途とパワーがあることを知りました。手帳の使い方としてのノウハウ本ではなく、人生を充実させる為の啓発書として一度呼んでみてはいかがでしょうか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。