Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/131-1d36670e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ダイゴーハンディピック 薄くて丈夫な手帳

先日から、ダイゴーのハンディピックを使っています。実際に私が使っているのは無地のメモ帳タイプだけなのですが、罫線やスケジュール帳などいろいろなタイプがあります。


ハンディピックのいいところはその薄さ。薄い分価格も安いので、ページ単価も安くなります。先日からA7サイズのメモ帳を携帯するようになっているのですが、その厚みが少々気になりだしまして、薄くて使いやすいメモ帳はないものかと探している最中でした。

ハンディピックは一冊で手帳の役割を果たすのではなくて、複数を組み合わせて使うコンセプトのようです。メモ帳とスケジュール帳を専用のホルダーに挟んで使うといった、ある意味システム手帳風な使い方となります。ですので一冊あたりは非常に薄く作られており、単体で使うとなると、その薄さがとても機能的に感じます。

サイズは高さはバインダーサイズのリフィルとほぼ同じ、幅はそれより小さくできています。このサイズが手になじみやすく、手に持ってメモを取るにはちょうどいいサイズです。糸綴じでかなりしっかりできていますので、日頃からポケットに携帯してもそう痛まないと思われます。

また、無地のメモ帳タイプはミシン目が入っており、簡単にページを切り取ることができます。先日、A7サイズのメモ帳にはまったと報告したところですが、やっぱりこのハンディピックが携帯用メモ帳としての座を獲得しそうです。これから薄着になっていきますので、ポケットにしまうメモ帳は薄いほうが都合がいいもので。

一つ難点を言うとすると、表紙のデザインがちょっとおじさん臭いこと。黒とグレーのツートンはビジネスマンをイメージしたカラーであるとは思われますが、ちょっとダサいです。まあその機能性に満足なので、デザインのジジ臭さは多少我慢しようと思います・・・
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/131-1d36670e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

  • hammer
  • 夢手帳に憧れてシステム手帳にこだわってきましたが、最近はすっかりスマートフォンに取って代わってしまいました。もう分厚いシステム手帳はあまり使いません。スマホとモレスキンでスケジュール管理から情報管理まで、全てをこなします。


    今使っているファイロファックス。だいぶ馴染んできました。

関連書籍紹介

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
4761261439
私が手帳に興味を持つきっかけとなった本。この本の著者である熊谷氏は有名なGMOインターネットの社長で、手帳マニアとして有名です。この本を読むまでは手帳を単なるスケジュール帖としてしか使っていませんでしたが、手帳にはそれ以上の用途とパワーがあることを知りました。手帳の使い方としてのノウハウ本ではなく、人生を充実させる為の啓発書として一度呼んでみてはいかがでしょうか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。