Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/15-12fcfbcb

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

手帳のサイズ:綴じ手帳のバリエーション

綴じ手帳のサイズはバリエーションに富んでいます。ちょうど今頃(10月中旬)から書店や文房具店に大量の手帳が並ぶ頃ですが、一番スペースをとっているのはやはり綴じ手帳ですね。これだけサイズにバリエーションがあると、正直迷います。私も毎年どれにしようか迷っています。

手帳を使うシーンや使い道に応じて使いやすいサイズというものがありそうです。
私が一番オススメするのはA5サイズ、もしくはB6サイズといった少し大きめのもの。手帳というには少し大き目かもしれませんが、手帳をスケジュール管理+αとして使うのであればこのくらいあった方がいいのではないかと思います。

サイズが大きくなると当然ですが、それだけ書くスペースが多くなります。日付欄にその日の予定を入れるだけならそんなに大きなスペースも要らないかもしれませんが、ToDoリスト、その日のメモなども書き込みたいならこのくらいのサイズがあった方が使いやすいです。綴じ手帳はページを追加する事が出来ませんから、その日、その週のスペースがなくなると手帳の後ろ方にあるノート欄を使うしかありません。そうなるとスケジュールとメモが離れてしまうので、後で見る時に視認性が悪いのです。B6、A5ほどあるとスペース的には余裕が出来ます。

そうはいっても、私はデスクワークが多いので多少大きくても気になりませんでしたが、やはり外回りが多い営業マンにとってA5はさすがに大きすぎますね。さっと出してさっと書く事が出来ません。そうなるとスーツポケットに入るオーソドックスな手帳サイズか、もうひと回り小さな文庫本サイズ(ほぼA6)がオススメです。先ほど、書くスペースは多い方がいい、B6くらい無いとスペースが足りないといいましたが、スーツポケット手帳サイズでもそれなりにスペースは確保できます^^;

要するに書き込む時に不便を感じないサイズが一番重要だということです。いくら書くスペースが大量にあっても、書くのが面倒だと意味が無いですから。

書くスペース重視という事ならA4サイズの手帳も売っています。ただこれはデスクダイアリーという名称が付いている事が多く、手帳というよりノートですね。私も一度A4サイズの能率手帳を使った事がありますが、さすがに大きすぎて邪魔でした。

逆に、文庫本サイズ(ほぼA6)より小さな手帳は使いにくいと思っています。このサイズは携帯性を最重要視したサイズです。記者とかが使っているのはこのサイズが一番多いかもしれませんね。手帳というよりメモ帳的な位置付けになるでしょうね。決して悪くは無いですが、すべての情報を一冊の手帳に集約する、夢手帳、もしくは第4世代の手帳を目指すなら、最低スーツポケットサイズ、バイブルサイズ以上の手帳をオススメします。

楽天で能率手帳を集めてみました
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/15-12fcfbcb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

  • hammer
  • 夢手帳に憧れてシステム手帳にこだわってきましたが、最近はすっかりスマートフォンに取って代わってしまいました。もう分厚いシステム手帳はあまり使いません。スマホとモレスキンでスケジュール管理から情報管理まで、全てをこなします。


    今使っているファイロファックス。だいぶ馴染んできました。

関連書籍紹介

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
4761261439
私が手帳に興味を持つきっかけとなった本。この本の著者である熊谷氏は有名なGMOインターネットの社長で、手帳マニアとして有名です。この本を読むまでは手帳を単なるスケジュール帖としてしか使っていませんでしたが、手帳にはそれ以上の用途とパワーがあることを知りました。手帳の使い方としてのノウハウ本ではなく、人生を充実させる為の啓発書として一度呼んでみてはいかがでしょうか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。