Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/2-f1ac66e3

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

能率手帳とシステム手帳の併用

「1冊の手帳で夢は必ずかなう」を読むまで、私の手帳は基本的にスケジュール管理やメモ用途でした。

スケジュール管理といえど、せいぜい1週間分、長くても来週の予定を書き込む程度でした。またメモといっても、打ち合わせ記録や電話の記録など、一般的な備忘録としての機能しか果たしておりませんでした。普通、手帳の使い方といえばそれで十分でしょう。私も何の疑問も持たずに、数年間手帳を使い続けてきました。

それまで使っていたのは主に能率手帳。日本マネジメントセンターが販売している、本屋でよく見かけるあの手帳です。途中高橋の手帳(これも本屋でよく見かけます)も使ったりしましたが。手帳のサイズは、ここ数年はデスクワークが多かったもので、大きめのB5サイズ、A5サイズを使っていました。

熊谷氏の言う「夢手帳」は基本的にシステム手帳を使います。情報整理を行う為に、また何年も同じリフィルを手帳にはさみ続ける為に、年更新の綴じ手帳では都合が悪いのです。

でも、急に夢手帳を目指す事も出来ず、去年はとり合えず使い慣れたA5サイズの能率手帳を買いました。システム手帳は当時の私にとってはかなり高価な代物でしたし。

でも「1冊の手帳で夢は必ずかなう」を読んでしまった以上、普通に能率手帳を使うだけでは物足りなくなってきます。当時の私には、「マメに手帳にメモを取る」という習慣が無かったので、このままA5サイズの手帳を使っていてはそれがいつまで経っても身に付かないと思い、とり合えずメモ帳にスリムタイプのシステム手帳を買いました。これが「夢手帳」への第一歩となりました。

それからしばらく、2冊の手帳を使い分けていく事になります。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/2-f1ac66e3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

  • hammer
  • 夢手帳に憧れてシステム手帳にこだわってきましたが、最近はすっかりスマートフォンに取って代わってしまいました。もう分厚いシステム手帳はあまり使いません。スマホとモレスキンでスケジュール管理から情報管理まで、全てをこなします。


    今使っているファイロファックス。だいぶ馴染んできました。

関連書籍紹介

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
4761261439
私が手帳に興味を持つきっかけとなった本。この本の著者である熊谷氏は有名なGMOインターネットの社長で、手帳マニアとして有名です。この本を読むまでは手帳を単なるスケジュール帖としてしか使っていませんでしたが、手帳にはそれ以上の用途とパワーがあることを知りました。手帳の使い方としてのノウハウ本ではなく、人生を充実させる為の啓発書として一度呼んでみてはいかがでしょうか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。