Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/28-f04936f4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

実践!枠でスケジュールを確保する

近頃良くテレビとかで見かける齋藤孝さんの三色ボールペン活用術を参考にして、私も3色ボールペンを使っています。正確には黒も含めて4色、更にシャープペンまで付いたぶっといボールペンです。これも使い出すと手放せなくなります。

3色ボールペンの実践もなかなか魅力的ではあるのですが、先日から齋藤孝さんのスケジュール管理術をまねして実践しています。これが枠で時間を囲むという方法です。
別にたいした方法ではありません。単にスケジュール欄を線ではなく四角いブロックで時間を確保するだけの事です。当然3色に色分けするのが理想的ではありますが。この方法、先日紹介した「手帳200%活用ブック」に載っていました。

呼んだときは「ふーん」程度で終わったのですが、それから何度か齋藤さんの書籍を読む機会があり、それで齋藤さんの考え方をいろいろと参考にしているうちに、齋藤さんの時間管理術もまねしてみようかと思ったわけです。やろうと思えば簡単にできますからね。

そんな軽い気持ちでとり合えずやってみたのですが、この方法、手軽な割には効果は高いと思います。何度もいいますが、単に時間を四角い枠で囲うだけです。例えば9時から10時半間ではこの仕事と決めれば、その時間帯を色つきのボールペンで囲います。少なくとも、タイムスケールタイプの手帳でないといけませんけどね。通常の能率手帳タイプでもいいですし、流行のバーチカルタイプでもかまわないと思います。とにかく時間を囲う事が出来ればOKです。

こうすると、齋藤さんも著書の中で言っているように、時間を立体的に捉える事ができ、線でスケジュールを書き込むのに比べて時間の使い方、確保の仕方がうまくなったような気がします。そんな気がするというだけで、手帳というのは活用しているという実感が沸いて来ますしね。

色分けも、仕事の優先順位の付け方もまだまだですが、出来る事から実践し、実感を得ることが手帳マニアへの一歩だと思います。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/28-f04936f4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

  • hammer
  • 夢手帳に憧れてシステム手帳にこだわってきましたが、最近はすっかりスマートフォンに取って代わってしまいました。もう分厚いシステム手帳はあまり使いません。スマホとモレスキンでスケジュール管理から情報管理まで、全てをこなします。


    今使っているファイロファックス。だいぶ馴染んできました。

関連書籍紹介

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
4761261439
私が手帳に興味を持つきっかけとなった本。この本の著者である熊谷氏は有名なGMOインターネットの社長で、手帳マニアとして有名です。この本を読むまでは手帳を単なるスケジュール帖としてしか使っていませんでしたが、手帳にはそれ以上の用途とパワーがあることを知りました。手帳の使い方としてのノウハウ本ではなく、人生を充実させる為の啓発書として一度呼んでみてはいかがでしょうか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。