Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/39-0f295ccf

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

月間スケジュールリフィル

前回は年間スケジュールリフィルを紹介しましたが、年間スケジュールとくれば次は月間スケジュールです。年間スケジュール表は一年間を見渡せる事を第一優先に考えていますので、毎月毎日の書き込みスペースはすごく小さくですから、やっぱり月間スケジュールは別途必要です。私も先日、吟味の末、月間スケジュールリフィルを購入しました。
月間のリフィルとしてまず最初に思い浮かぶのがカレンダータイプのリフィル。見開き2ページでカレンダーのように毎日のマスが並んでいるタイプです。これが一番オーソドックスで使いやすいのは確かです。考慮するとすれば、「月曜始まりか日曜始まりか」というのと、「週末(土日)の欄がどうなっているか」ということくらいでしょう。

月曜始まりにするか日曜始まりにするかについては、主に仕事で使われるのなら月曜始まりが無難かと思います。更に土日のスペースが半分ずつになっているタイプ。その方が月から金のスペースが少し広くなりますので、書き込みしやすくなります。

逆に、土日も仕事だとか、週末のスケジュールも重要視したいのなら、日曜始まりとか土日のスペースもきっちり確保されているタイプを使わないといけません。リフィルが豊富な文具店なら必ずこういったタイプの月間スケジュールが置いてあります。

通常なら私も月曜始まりのカレンダータイプにしていたのですが、2006年度の月間スケジュールは一日が一行、見開き2ページで一か月分を一覧できるリストタイプにしました。
メモタイプ1ヵ月の予定などを自由に記入六曜入り2006年版【1月始まり】月間ダイアリー11(イン...

カレンダータイプの四角いボックスに書き込みにくいというのが主な理由ですが、ちょっとこれまでと違ったタイプでも使ってみようかと思いました。リストタイプのメリットは一日辺りの書き込みスペースが広いというのと、数日にわたるスケジュールなどが書きやすくて確認しやすいという点です。

カレンダータイプでもリストタイプでも、日付の入った月間スケジュールリフィルもなくてはならないリフィルの一つです。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/39-0f295ccf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

  • hammer
  • 夢手帳に憧れてシステム手帳にこだわってきましたが、最近はすっかりスマートフォンに取って代わってしまいました。もう分厚いシステム手帳はあまり使いません。スマホとモレスキンでスケジュール管理から情報管理まで、全てをこなします。


    今使っているファイロファックス。だいぶ馴染んできました。

関連書籍紹介

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
4761261439
私が手帳に興味を持つきっかけとなった本。この本の著者である熊谷氏は有名なGMOインターネットの社長で、手帳マニアとして有名です。この本を読むまでは手帳を単なるスケジュール帖としてしか使っていませんでしたが、手帳にはそれ以上の用途とパワーがあることを知りました。手帳の使い方としてのノウハウ本ではなく、人生を充実させる為の啓発書として一度呼んでみてはいかがでしょうか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。