Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/41-1b0acb75

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ウィークリーリフィルその1

年間スケジュール、月間スケジュールとご紹介しましたが、順番的に次はウィークリーリフィルです。私にとってはこのリフィルがメインとなります。
年間、月間はこれまであまり活用できなかったリフィルでしたので、購入時はいろいろと悩みましたが、ウィークリーリフィルは迷う事無く候補を絞りました。ここ3年間は能率手帳(能率ダイアリー)を使ってきたので、システム手帳に綴じるウィークリーリフィルはやっぱり見開き一週間タイプで決まりです。左側に一週間の日付とタイムライン欄があって、右側がメモスペースになっているオーソドックスなものです。このタイプが気に入っている理由は右側のスペースに何かとメモを書ける点です。能率手帳の時からほぼすべての日常的なメモはここに書き込むようにしています。デスクワークの時はその週のページを開きっぱなしにして仕事しています。

仕事の内容やスケジュール管理のやり方によっては見開き二週間タイプや見開き一週間でもバーチカルタイプが便利だったりします。

見開き二週間リフィルだと二週間分のスケジュールが見渡せるので、比較的に長期にわたる仕事が多い方にとっては便利です。このタイプはメモスペースが無いのが難点なのですが、デイリーリフィルをメインにするのならウィークリーにメモ欄は不要ですから、見開き二週間にする事で手帳を薄くする事もできます。

バーチカルタイプは今はやっているようですね。私も実は最後までバーチカルタイプも候補の一つでした。バーチカルタイプでは一日分のタイムラインスペースが縦に一週間分並んでいます。横が縦になっただけですが、このタイプは細かなスケジュールを書き込みやすいというメリットがあります。スケジュールを枠で確保する時にもバーチカルタイプはすごくやりやすいし、一週間分のスケジュールを確認しやすいです。一日に細かなスケジュールがいくつも入る方なんかはこのタイプを選択されるようです。デメリットはやはり、メモ欄が少ない事です。

場合によってはウィークリーリフィルは不要かもしれませんね。デイリーリフィルをメインにするのなら月間とデイリーだけで十分でしょう。私は一日ごとのスケジュール管理より一週間毎の管理の方がいいのでウィークリーをメインにしています。自分の業務や時間管理のやり方によって、選びがいのあるリフィルですね。

ビジネス手帳のロングセラー能率手帳のシステムノート版WEEKLY フリーダイアリー(能率手帳タ...ビジネス手帳のロングセラー能率手帳のシステムノート版WEEKLY フリーダイアリー(能率手帳タ...

30分刻みで時間管理ができるバーチカルスケジュール型2006年版【1月始まり】週間ダイアリー5(...30分刻みで時間管理ができるバーチカルスケジュール型2006年版【1月始まり】週間ダイアリー5(...

見開き2週間でスケジュール中心型2006年版【1月始まり】2週間ダイアリー1(能率手帳タイプ)見開き2週間でスケジュール中心型2006年版【1月始まり】2週間ダイアリー1(能率手帳タイプ)
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/41-1b0acb75

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

  • hammer
  • 夢手帳に憧れてシステム手帳にこだわってきましたが、最近はすっかりスマートフォンに取って代わってしまいました。もう分厚いシステム手帳はあまり使いません。スマホとモレスキンでスケジュール管理から情報管理まで、全てをこなします。


    今使っているファイロファックス。だいぶ馴染んできました。

関連書籍紹介

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
4761261439
私が手帳に興味を持つきっかけとなった本。この本の著者である熊谷氏は有名なGMOインターネットの社長で、手帳マニアとして有名です。この本を読むまでは手帳を単なるスケジュール帖としてしか使っていませんでしたが、手帳にはそれ以上の用途とパワーがあることを知りました。手帳の使い方としてのノウハウ本ではなく、人生を充実させる為の啓発書として一度呼んでみてはいかがでしょうか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。