Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/67-a8bf9de8

-件のトラックバック

[T14] 手帳の作り方

こんにちは、管理人のyasutsujiです。 今年も押し迫りました。今日は手帳を作りました。

[T16] ほぼ日手帳とは?

「ほぼ日手帳」は、スケジュール管理のツールとしてだけでなく、「生活をたのしむ道具」をめざして開発された手帳です。仕事の予定だけでなく、自由な時間をたっぷり使うために余裕を持って書き込めるようになってます。

-件のコメント

[C35]

なんか、システム手帳の使用法でありながら、
綴じ手帳の『能率手帳(バーチカル)』辺りの使い方に近づいていって
いらっしゃるような(苦笑)

結局は、ココに帰結するのでしょうかね。
それだけ、能率手帳が洗練されて「すごい」と言う事か。

-----
私の場合、スケジュールとメモとの関係を、過去についても密にしたいので、
今週先週くらいは、二つのファインダでOKとしても、
数ヶ月前の分については、NGですね。
対案がある訳でなく抽象的ですが、「もう一工夫を!」というところです。

『時間管理&メモ&一覧性』これらを両立させようとすると、
『A5版バインダー&自作リフィル』ってのが早道なのかな。
”30mm径バイブル”なんて使っていると、「携帯性が!」なんて言えない訳だし。
  • 2006-12-24
  • HIDE-GP
  • URL
  • 編集

[C36]

確かにおっしゃるとおり・・・
能率手帳はやっぱり使いやすいですね。システム手帳の前はずっと能率手帳でしたから、自然とそれに慣れてしまっているのかも。
素直に右ページメモ欄の一週間タイプが私には一番あっているようです。
  • 2006-12-30
  • hammer
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

バーチカルタイプウィークリーリフィルのデメリットを解消する(再び)

しつこいようですが、再び同じテーマでの投稿です^^;前回は結局ポストイットでメモ欄を確保するという中途半端なやり方でいまいちしっくり来ない解決しか書けませんでした。しかしこの方法でもたいしてメモ欄は確保できず、肝心のスケジュール欄が隠れてしまい、使っていて邪魔で仕方ありません。

そこで次に試しているのが次のような方法。

特別変わった使い方ではなく、ウィークリーリフィルとは別のページにウィークリーメモ用のリフィルを用意しておくというものです。これだけだとすぐにメモを書いたり参照したり出来ませんから、そのページにはページファインダーをもう一つはさむのです。一つ目のファインダーは今週のウィークリーリフィルに、も一つのファインダーをウィークリーメモページにはさむのです。

特に工夫した使い方ではなく、むしろ、普通はそこに行き着くだろうなと思えるごく普通の使い方です^^;

使い方というよりむしろ考え方です。その週に発生してその週に済ませたいタスクリスト、電話メモ、思いついたアイデアなど、すべてのメモをこのウィークリーメモページに書くと心に決めるのです。能率手帳タイプのように一覧性は犠牲になりますが、すぐに開け、そこを開けばメモがあると確信できれば、使い勝手は悪くありません。

全然真新しくも無いですが、今のところこの方法でウィークリーメモに関する課題は解消できています。しばらくこれで行こうかと思っています。

後は以前コメントにいただいたようにウィークリーリフィルの間にメモ用リフィルをはさむ事ですね。前回はちょっと否定できでしたが、確かにこれでもページを立てればスケジュールも一覧できるので、悪くはありませんね。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/67-a8bf9de8

2件のトラックバック

[T14] 手帳の作り方

こんにちは、管理人のyasutsujiです。 今年も押し迫りました。今日は手帳を作りました。

[T16] ほぼ日手帳とは?

「ほぼ日手帳」は、スケジュール管理のツールとしてだけでなく、「生活をたのしむ道具」をめざして開発された手帳です。仕事の予定だけでなく、自由な時間をたっぷり使うために余裕を持って書き込めるようになってます。

2件のコメント

[C35]

なんか、システム手帳の使用法でありながら、
綴じ手帳の『能率手帳(バーチカル)』辺りの使い方に近づいていって
いらっしゃるような(苦笑)

結局は、ココに帰結するのでしょうかね。
それだけ、能率手帳が洗練されて「すごい」と言う事か。

-----
私の場合、スケジュールとメモとの関係を、過去についても密にしたいので、
今週先週くらいは、二つのファインダでOKとしても、
数ヶ月前の分については、NGですね。
対案がある訳でなく抽象的ですが、「もう一工夫を!」というところです。

『時間管理&メモ&一覧性』これらを両立させようとすると、
『A5版バインダー&自作リフィル』ってのが早道なのかな。
”30mm径バイブル”なんて使っていると、「携帯性が!」なんて言えない訳だし。
  • 2006-12-24
  • HIDE-GP
  • URL
  • 編集

[C36]

確かにおっしゃるとおり・・・
能率手帳はやっぱり使いやすいですね。システム手帳の前はずっと能率手帳でしたから、自然とそれに慣れてしまっているのかも。
素直に右ページメモ欄の一週間タイプが私には一番あっているようです。
  • 2006-12-30
  • hammer
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

  • hammer
  • 夢手帳に憧れてシステム手帳にこだわってきましたが、最近はすっかりスマートフォンに取って代わってしまいました。もう分厚いシステム手帳はあまり使いません。スマホとモレスキンでスケジュール管理から情報管理まで、全てをこなします。


    今使っているファイロファックス。だいぶ馴染んできました。

関連書籍紹介

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
4761261439
私が手帳に興味を持つきっかけとなった本。この本の著者である熊谷氏は有名なGMOインターネットの社長で、手帳マニアとして有名です。この本を読むまでは手帳を単なるスケジュール帖としてしか使っていませんでしたが、手帳にはそれ以上の用途とパワーがあることを知りました。手帳の使い方としてのノウハウ本ではなく、人生を充実させる為の啓発書として一度呼んでみてはいかがでしょうか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。