Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/75-d0ec945b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

初心者にお勧めの手帳は・・・

私の会社には、手帳を活用している方があまりいません。特に、私が所属する部署のメンバーは全く手帳を持っていない。デスクワークですから、手帳が無くてもすむのかもしれませんが、かといってグループウェアだけでスケジュール管理、自己管理が出来ているのかというと、そんなことは全く無く・・・今日、ひょんなことからそんな話題となり、連中に手帳を活用することを勧めてきたところです。

そこで、彼らにどんな手帳を勧めたのかといいますと、
やっぱり「能率手帳」。それも、もっともオーソドックスな能率手帳タイプとも呼ばれる、左ページにスケジュール欄、右ページがケイのメモスペースとなっているタイプ。サイズはA5かB6。彼らはデスクワークが多く、打ち合わせや業務中のメモも多くなりそうなので、大き目のサイズを勧めました。

大き目のサイズというならば、B5でもよかったのですが、B5ではちょっと存在感がありすぎるというのが私の経験上のアドバイスです。確かに記入スペースに余裕があり、よほどたくさん書き込むか、大きな字を書くかしないと、目いっぱい書き込むことは出来なかったような気がします。手帳というよりノートですね。ということで、無難にA5かB6がお勧めでした。サイズ的にはB6が手帳らしいのですが、A4の資料を二つ折りできれいにはさめるという利便性で、私としては特にA5がお勧めですね。A4にプリントした資料なんかをはさんでおけるというのは結構便利なんですよね。

手帳の中身はやっぱり能率手帳タイプ。バランスが良く、スケジュール管理しながらメモもかけるという点が気に入っています。スケジュールを最重要するならバーチカルタイプが良いといわれますが、こちらのタイプは少々上級者向けだと思います。一週間のスケジュールをびっちりとデザインするには確かに向いているかもしれませんが、そうでもなければやっぱりメモスペースが広いタイプが使いやすいです。

私が手帳を使い始めたのは6年ほど前。かく言う私も、さほど長年手帳を使っているわけではないんですよね^^;でも一度コツを覚えて使い出すと、もう手放せなくなるビジネスツールだと思うんですよ。この感覚を彼らにも味わっていただきたく。そしてビジネスマンとして成長していただきたく。

さて、彼らは手帳を購入するでしょうか。しばらく見守ってみることとします。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/75-d0ec945b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

  • hammer
  • 夢手帳に憧れてシステム手帳にこだわってきましたが、最近はすっかりスマートフォンに取って代わってしまいました。もう分厚いシステム手帳はあまり使いません。スマホとモレスキンでスケジュール管理から情報管理まで、全てをこなします。


    今使っているファイロファックス。だいぶ馴染んできました。

関連書籍紹介

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
4761261439
私が手帳に興味を持つきっかけとなった本。この本の著者である熊谷氏は有名なGMOインターネットの社長で、手帳マニアとして有名です。この本を読むまでは手帳を単なるスケジュール帖としてしか使っていませんでしたが、手帳にはそれ以上の用途とパワーがあることを知りました。手帳の使い方としてのノウハウ本ではなく、人生を充実させる為の啓発書として一度呼んでみてはいかがでしょうか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。