Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/79-7ef20e52

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

やっぱりモレスキン

モレスキンを日記帳、日々の思いつきメモ帳として使い始めて3か月が過ぎました。最近はさらにメモの機会を増やそうと、モレスキンをカバンの取り出しやすい所か、時にはスーツの胸ポケットに忍ばせています。まだまだ使い込んだとは言えませんが、ある程度使ってみて、モレスキンの良さがようやくわかってきたような気がします。
まずはモレスキンの特徴でもあるハードカバー。このハードカバーのおかげで、多少雑な扱いをしても全く痛みません。

普段、ノートパソコン、分厚いシステム手帳を持ち歩きながらも、あまり大きなカバンを持つのは嫌なので、小さめのカバンにかなり詰め込んでいます。カバンの内側のポケットに、こうしたメモ帳を格納するスペースはあるのですが、取り出すのに少し手を突っ込まないといけません。メモの機会を増やすには、すぐに取り出せるところにメモ帳を忍ばせておくのが一つの秘訣なので、最近は一番外側のポケットにモレスキンをしまっているんですね。カバンが膨らむと、ここには結構な圧力がかかってしまうのですが、モレスキンほど丈夫だと、曲がったりよれたりすることもなく、原型をとどめています。普通のメモ帳だととっくによれよれでしょう。

もうひとつのいいところは、用紙。しっかりとした紙を使っているので、全く裏写りしません。普段はボールペンを使っておりまして、筆圧も結構強いのですが、用紙の裏表に書いても書きにくこともなく、見にくいこともありません。このあたりは地味ですが、本当に使ってみないとわからない良さですね。

モレスキンのサイズも絶妙です。文庫本とほぼ同じ大きさなのですが、書くときに手にフィットするため、どんな場所でもメモしやすい。サイズ、ハードカバーの存在が書きやすさに寄与しているのですが、ハードカバーと用紙がほぼ同じサイズだという事も重要です。安物のメモだと、カバーのはみ出しが邪魔になるんですよね。

もう少しでモレスキンマニアになりそうな感じです。

人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/79-7ef20e52

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

  • hammer
  • 夢手帳に憧れてシステム手帳にこだわってきましたが、最近はすっかりスマートフォンに取って代わってしまいました。もう分厚いシステム手帳はあまり使いません。スマホとモレスキンでスケジュール管理から情報管理まで、全てをこなします。


    今使っているファイロファックス。だいぶ馴染んできました。

関連書籍紹介

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
4761261439
私が手帳に興味を持つきっかけとなった本。この本の著者である熊谷氏は有名なGMOインターネットの社長で、手帳マニアとして有名です。この本を読むまでは手帳を単なるスケジュール帖としてしか使っていませんでしたが、手帳にはそれ以上の用途とパワーがあることを知りました。手帳の使い方としてのノウハウ本ではなく、人生を充実させる為の啓発書として一度呼んでみてはいかがでしょうか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。