Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/90-88c1f9eb

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

手帳のサイズ考察:使い勝手ならA5がベスト!

私はバイブルサイズのシステム手帳を使っていますが、これまで使ってきた手帳の中で、最も使いやすかった手帳のサイズはA5サイズです。
まず余裕をもって書き込めます。A5なら、例えばスケジュール欄にバーチカルタイプを選んだとしてもメモを書く余裕があります。バーチカルタイプの弱点は、メモスペースが少ないこと。バイブルサイズのバーチカルタイプだと、スケジュール以外にメモを書くスペースがほとんどとれませんし、無理に書いても後で見にくい。でもA5の大きさがあれば、スケジュール欄の空いたスペースにも十分メモを書けます。能率手帳タイプだというまでもなく、右側のノート欄には一週間分のメモを十分に残すことができます。

綴じ手帳でも、後半のメモページが足りなくなったことはありません。A5は、見た目少し小さめに見えるのですが、使ってみると結構なスペースがあります。

スペースをメリットというなら、B5の方がいいのではないかといわれそうです。一度だけB5の能率手帳を使ったことがあります。大きすぎて少し邪魔なんですよね。いくらデスクワークがメインといえど、机の上に広げて使うにしても邪魔なんです。手帳は程よく小さめが使いやすい。

ではB6ではどうなのか。邪魔にならないコンパクトサイズで、スペースもそこそこありそう。B6ではなくてA5をベストとする理由は、A5だとA4の資料が二つ折りで挟めるからです。当然の事なんですが、これが結構重宝するんです。今、ビジネス文書で使われる用紙のサイズはA4が標準となっています。特別な理由でもない限り、資料はA4で配布されると思います。こうした資料が一時的にせよ、手帳にぴったりと収めることができるのは結構便利です。

邪魔にならないで書き込みスペースも確保できるコンパクトさと実用性を兼ね備えた手帳はやはりA5で決まりだと私は思います。携帯性をさほど重視しないのであれば、ぜひお試しください。

関連:携帯性を重視するならバイブルサイズ
人気blogランキングに投票!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hammer77.blog2.fc2.com/tb.php/90-88c1f9eb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

  • hammer
  • 夢手帳に憧れてシステム手帳にこだわってきましたが、最近はすっかりスマートフォンに取って代わってしまいました。もう分厚いシステム手帳はあまり使いません。スマホとモレスキンでスケジュール管理から情報管理まで、全てをこなします。


    今使っているファイロファックス。だいぶ馴染んできました。

関連書籍紹介

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
4761261439
私が手帳に興味を持つきっかけとなった本。この本の著者である熊谷氏は有名なGMOインターネットの社長で、手帳マニアとして有名です。この本を読むまでは手帳を単なるスケジュール帖としてしか使っていませんでしたが、手帳にはそれ以上の用途とパワーがあることを知りました。手帳の使い方としてのノウハウ本ではなく、人生を充実させる為の啓発書として一度呼んでみてはいかがでしょうか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。